読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤絨毯への道のり

渡辺リリオのチラシの裏ブログ 通称“赤いブログ” 不定期12時更新

【スポンサードリンク】

男は女の仕事の愚痴なんて聞きたくない!甘えたい男の本音を理解しよう

好感度UP テクニック

※前ブログより加筆・修正しています

 

女だって働くこのご時世。

働いていればストレスもプレッシャーもかかる。

そんな時優しく受け止めて欲しいのに…こんな女心をわかってくれなかった男性から学んだ事を紹介します。

 

男は女以上に働いている

もしパートタイム労働者の私が彼と同じだけの給料を稼ぐとなると何時間働かなければいけないのでしょうか?

10日も保たないでしょう。3日でダウンしますね。

 

私以上の時間を働いている世の男性は当然私以上のプレッシャーやストレスを抱えています。

家に帰っても戦闘モードが解除されないところに私が自分の仕事の話を聞いて欲しいから一生懸命喋っても耳に入らないのは当たり前。

 

自分だって言いたい事がたくさんあっても何も言わずグッと我慢している…その気遣いを理解する努力が私には足りませんでした。

 

男だって甘えたい時がある

今まで私に心を許してくれた男性達は(彼も含む)「男だって甘えたい」と言っていました。

繰り返しますが世の男性は多くのプレッシャーやストレスを抱えています。

それを悟られまいと隠していますが心を許せる人だけには本音を知って欲しいんです。

受け入れられなかった時の恥ずかしさも承知の上であなたに本当の姿を見せているんです。

 

女性も男性の本音を受け入れる余裕を持とう

私の場合彼の本音を受け入れられない時期がありました。

自分の事でいっぱいいっぱいで受け入れる余裕がありませんでした。

そんな時は大体仕事が忙しい時でした。

 

女性が男性並みに働く事はあまりメリットはないと思っています。

自分のケアも出来ずに誰が大黒柱に寄り添うのでしょうか?

だから男性は他に癒しを求め2人の関係はすれ違っていくのです。

 

仕事の事は秘密にしておく

仕事量を減らす事が出来たので今後は彼の前では一切仕事の話はしない事にしました。

ブログ執筆に集中したいという理由もあったので。

家にいる時は家庭の事だけに集中していればいいんです。

「職場の誰々さんが~」なんて話をしても彼にとっては知らない人。

わからない話を延々とされても彼にとってはストレスになります。

 

長年一緒に過ごしてきて私の全てを知られてしまった以上2人の関係もマンネリ化しているので離れている間何をしているか秘密にしておけば丁度いいスパイスになるかと(笑)