赤絨毯への道のり

渡辺リリオのチラシの裏“赤いブログ” 不定期12時更新

小さな頃の自分に寄り添ってあげる 自分に自信をつける最高の方法を読んでみた

お久し振りです!

最近パートタイムの新しい仕事を始めました。
今まで経験した事がない世界なので毎日悪戦苦闘しています。

今回は最近読んでとても参考になった本自分に自信をつける最高の方法について私なりの感想を紹介します。

“自信”を武器に戦う女性達

美を競う世界、ミス・ユニバース。
ハイレベルな戦いの場において“自信”は何よりも最高の武器になる。

一般人の私達の日常生活でも自信はやはり武器になる場面もありますね。

自信なんて1分1秒で身に付くモノじゃないよ…なんて思ってましたが、
この本に載っているメソッドを行ってみれば少し自分の事が好きになれた気がします。

小さな頃の自分に寄り添ってあげる

この本に載っているchapter3の傷ついた子どもの心を癒やすメソッドを実行してみて(メソッドの内容については本を読んで頂ければ(笑))
幼い頃の自分が感じた悲しみや恐怖ってなんだろう…と、
この歳になって初めてじっくりと考えてみました。

弟達が生まれてから周りの大人の愛情が彼らに向けられてしまったような気がした事。
小学生になったばかりの頃1人ぼっちの帰り道が遠く感じて、
怖くて立ち止まり泣いてしまった事。
自分の個性を子供なりに圧し殺して集団生活を学んでいった事。
そんな事を思い出してしまいました。

その時の自分は何と声をかけてほしかったのか。
不思議と真剣に考えてしまいました。

『誰も見向きもしなかったとしても私はあなたの事を思ってるよ』
『1人じゃないよ。私がそばにいるからね』
『自分の感性を否定しないでほしい。もっと自分を大切にしようよ』

大人になった自分が小さな頃の自分に向かって必死に発しているこの言葉達は、
今現在の自分が求めていた言葉でもありました。

プリンセスレッスンとの共通点

当ブログでも多くの方にご覧頂いている記事プリンセスレッスン

www.lirio-rosso.com

自分を大切に扱うというところが共通点だと思います。

プリンセスレッスンをしても何か満たされないと感じている方は、
まず自分に自信をつける最高の方法を熟読しこの本のメソッドを行ってみるといいかもしれません。
私の場合自分の潜在意識の中の満たされない自分を認め、癒す事で、
すんなりと自愛を行い、受け入れやすくなった気がします。

最後に

時を重ねて様々な経験の中で自信を培ってきたモノと思ってましたが、
時々感じていた寂しさや不安感の原因がわかり安心しました。

完全に癒やされるまではまだ時間がかかりそうですが、
根気よく向き合って本当の自信をつけたいと思います。