赤絨毯への道のり

渡辺リリオのチラシの裏“赤いブログ” 不定期12時更新

女性にオススメ自愛の教科書!プリンセスレッスンで私の人生は変わりました

自分の事をどこまで大切にしているか。
自分にどれだけ自信を持っているか。
それ次第で人生の難易度は変わって来ます。
私がその事実に気が付いたのは3年前。
努力を重ねてようやく心の平穏を手にしました。  

自愛を知る前の私  

今から3年前の私は車で片道30分かけて(冬の悪天候時は約45分かかった)安い時給のパートの仕事に通っていました。
肉体労働を5時間休憩なしで乗り切っても受け取れる給料はほんの少し。
オーナー夫妻に毎日こき使われながらも笑顔で(多分引きつってたと思う)応えていました。  

周りの期待(?)とムチャぶりに応えるべく必死に自分の気持ちを押し殺して働いていたのでプライベートもうまく行かなくなりました。
彼との生活もケンカばかりで休まる事がなくいつも涙を流してばかりいました。
流産したのもちょうどここで働いていた時でした。  

プリンセスレッスンに出逢う  

仕事の帰り道たまに寄り道していた本屋さんがあったのですが普段は雑誌ばかり買って浪費していました。  

何気なく寄り道したある日普段は読まないような本ばかり置いてあるコーナーが気になりました。
その中で特に気になったのがやけにファンシーな背表紙の魔法のプリンセスレッスンだったのです。

 

 私が実践したプリンセスレッスン  

  • プリンセスダイアリー  
  • 自分に『いいよ!』する  

プリンセスダイアリー  

プリンセスダイアリーとは1日にあった出来事の中で良かった事を日記に書きます。
最初のうちはなかなか思い浮かばず半分ムリヤリに書いていましたが後から読み返すと良かった事が意外とたくさんあった事に気が付きました。
些細な事でも(例︰○○さんが優しかった)嬉しさや温かさを思い出して幸せな気持ちになれるんです。
記されたページが増え1ヶ月過ぎた頃には自然と良かった事がたくさん思い浮かぶようになりました。  

自分に『いいよ!』する  

自分がしたい事を許可します(例︰お菓子を食べる)
今でも忘れられないのは彼とギクシャクして一緒に居たくなかった日に買い物に行くフリをして近所の駐車場で時間を潰した事です(笑)
今ではいい思い出です。  

今は全く抵抗が無くなりましたが当時は自分の気持ちを全肯定するのに勇気がいりました。
例えばチョコを食べるだけの事なのに「チョコを買ったらお金が無くなる…」なんてしょうもない事を考えていたからです。
チョコなんて安いモノなのに。
自分にお金を使う=自分に贅沢させる事を許可出来なかったんです。
そのくせにストレスで金銭感覚も麻痺していたのでしょうもない浪費ばかりしていました。  

レッスンを始めて2ヶ月後、ついに動き出した  

些細な事でまた彼とケンカした日。
ついに動き出しました。  

仕事も家庭もいっぱいいっぱいで身も心ももたないから仕事辞める。  

…という旨の申し立てをしてみたらアッサリと「いいよ!」と返事がありました。
今住んでいる土地を離れる日が来ない限り辞める事は出来ないと思っていたので驚きました。  

それから1ヶ月後晴れて自由の身になりしばらく自宅でゆったりと過ごし更に1ヶ月後条件のいいところで働く事になりました。  

なぜプリンセスレッスンをすすめるのか?  

自分を偽って好感度を上げようとしてもうまくいきません。

例えば本当はすごく疲れているのに彼に頼まれたから車の運転をする。
好感度を上げたいが為に運転を代わったものの結局疲れて八つ当たりして好感度が下がってしまう。
そういう経験上自然と好感度を上げられる人間になる為にまず自分を大切にするのが先だと気付いたからです。

自分を大切にする習慣が身に付くとどんな場面でも堂々としていられます。
常に万全の状態でいられるので自分には不釣り合いだと思える程素敵な人が現れても自分らしく振る舞えます。
仕事も何かが計らってくれているかの如くうまくいくようになります。
行動・言動・ファッションや身のこなしまで変わってきます。

プリンセスレッスンがもたらした今現在の私

おかげさまで仕事量も減ったので自由な時間が出来て毎日趣味のガーデニングをしたりブログ執筆をしています。
対人関係も驚くほど順調です。
彼も優しくなり会話も増え気遣いも見せてくれるようになりました。
朝起きてから夜眠るまで幸福感に満たされた毎日を過ごしています。

過去と比べたら十分幸せですが幸せに限りはないと思っているのでまだまだプリンセスレッスンは続けていきます。