赤絨毯への道のり

渡辺リリオのチラシの裏“赤いブログ” 不定期12時更新

【スポンサードリンク】

車用のスマホ充電器はコードリール式が便利だよね

昨日の記事はいかがでしたか?
緊急時にスマホのバッテリーが切れてしまうのはここまで人を不安にするのか!!!という(汗)

lilio.hateblo.jp

アコードにお下がりのモバ充をあげたからには自分のモノを早くゲットせねば!と思いAmazonで検索しましたが…売り切れ!!

ドライバー、不測の事態に備える

仕方がないのでモバ充はそのうち買う事にして、車のシガーソケットに挿して使うタイプの充電器を買ってしまいました(写真参照)

Instagram
※大きさがわかりやすいようにライターを添えてみました

※私の使っているモノと同じ商品のリンクが見つからないので違う商品のリンクを貼りました

私は絶賛田舎暮らし中なので移動手段は車です(つか、車がなけりゃどこにも行けない)
普段は片道約5kmのパート先を往復するだけですが月に1~3回程度実家に行きます(片道約2時間)

近距離移動の場合は大したことないんですが片道50km以上のドライブの時は少し心配。
家を出る前に充電出来なかった時や万が一立ち往生した場合の事を考えると備えはしておきたい。

リール式という条件

私の愛車は軽自動車です。
イマドキの軽はやけにサイズが大きいですが私の愛車は決して大きくはありません(しかしそこが魅力)
なのでゴチャゴチャとモノを置いていると狭く感じます。

だったら収納時はケーブルだけの充電器の方が小さく収まるよね~と思ったそこのアナタ!!!
いざ使う時にリール式だと好きな長さで使えるから見た目にもスマートなんですよ。

それにケーブルだけのタイプだといざ使う時に断線してたりって事もあるんです(収納時の束ね方次第で見えないところで切れる事もある)

同乗者への配慮も忘れない

私のスマホ(Nexus6P)はType-C充電ケーブル専用です。
なので私の車載充電器ではほとんどのスマホが充電出来ません。

彼や弟達のスマホ、実家父(通称お父)のタブレットはAndroid、イトコはiPhoneユーザー率が高いので緊急時に自分のスマホだけじゃなく同乗者のスマホ・タブレットも充電出来れば安心も2倍3倍です(笑)

この記事最初の写真を見て頂ければわかると思いますがリール式ケーブルの他に充電ポートが1つ付いています。
なのでそのうちコレを買って車に積んで置こうと思います↓

これならどんなデバイスも充電出来るのでAndroid派の彼らもiPhone派のイトコの皆さんも安心。

スマホのバッテリー切れというのはライフが0になるようなモノ

様々な事をスマホ頼みにしているこの生活ではバッテリー切れ=ライフが0になるのと同じ位の致命傷だと思います(笑)
ですからバッテリーは絶やさないように日頃から備えるべきですね。
普段ですらバッテリーが20%以下になれば慌てるのにそれが緊急時だったとしたらもう…。

パート先ではコンセントに挿すタイプの充電器を持ってきて仕事中に充電している人が多いですが停電が起きたら全く役に立たないですからね…。

色んなパターンを考えてデバイス用の電源は何種類か持っていると安心です。